smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
        
profile
bookstop
ヘルスプラネット
new entries
categories
archives
recent comment
others
search this site.
<< テオ・ヤンセン展 | main | 砂の女と魚肉ソーセージ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

マクロビ父的ダイエット

できるだけ肉、卵、乳製品、白砂糖が入った食べ物を禁じて一週間。

なんとなく、お腹の肉質が変化したような
していないような。
体重は変化無し。

よくよく考えれば、
うちの父親は「肉、乳製品」は一切食べない。
ベジタリアンとかじゃなく、小さいときに肉屋の前を通って残酷な姿を見て.........みたいな理由により食べられなくなったらしい。

そんなうちのパパは、30年体型が変わらない。
年よりぐんと若い。
しかも、病気もしない。病院もいかない。
だから、焼肉屋や、ハンバーグ専門店、ステーキ屋なんてものは
大人になるまで行った記憶がない。

考えてみると、実家にいた時期はこんなに太ることはなかった。
全般的に、肉料理が少なかったからかも。

そんな訳で、マクロビ関係の本をどんどん購入してみるが
読めば、読むほど
涙が出そう。

生クリームは「豆腐クリーム」に...........
メレンゲの代わりに長いも。

そのショートケーキを模した、
うす茶色い、ざらっとしたマクロビケーキを見ていたら
バター&生クリーム大好き!
ヘルシースイーツなんて本物の菓子じゃねえ!と
豪語していた私には見ているだけで涙でそう。

一度、知ってしまったデブ嗜好品の幸せな記憶は消せないのだ。

でも、いろいろ調べていると
卵、小麦、牛乳などいろんなアレルギーに苦しむ子供のために、なんとかケーキをたべせさせてあげたくて作っているお母さんが多くて、さらに切なくなる。
自分の子供には、健康でいて欲しいけどやっぱり「発酵バターたっぷりのお菓子」とか「生クリームたっぷりのケーキ」と普通に楽しんで欲しいよ。

まあ、なんと言ってもつくって食べてみないとわからないので
まずは作ってみることとする。

中嶋デコさんの本は、3冊目。
デザインの良さと、マクロビの悲愴感がなくお洒落。
(でも、まだデブ食から解脱できない私にはなかなか実践できず..........)
ナゴヤキャッスルの大高氏の本は、実用書として良さそう。

つくったら、またレポートします。
体質改善して
骨太な肉食獣のようなキャラが、
ロハス系の線の細い草食動物のようになれるといいな。



無理か............

at 18:54, 女ブコウスキ, マクロビ生活

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 18:54, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://1egg2minds.jugem.jp/trackback/43