smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
sponsored links
        
profile
bookstop
ヘルスプラネット
new entries
categories
archives
recent comment
others
search this site.
<< 417日:あ、歩いた | main | 風邪っぴきの大冒険 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

バターナッツかぼちゃと畑とつくしの王様

実は、この春から「ヨメ(my)畑」を持ったのだった。

旦那さんの実家近くのプチ田舎に引っ越したこともあり、
実家の放置されていた畑(もうひとつ、おっきい義母畑もある)
を自由に使わせてもらえることになったのだ。

抜いても抜いても生えまくる杉菜(つくしの親分)がぎっしりの荒れ地を
うりゃうりゃ〜っと耕し、草をぬきぬき、
畑いっぱいに苗をうえた。

ベビーほうれん草、トマト5種類、ナス3種、ズッキーニ、パリパリ夏菜(空芯菜)エンサイ(空芯菜)、枝豆、さつまいも、ラディッシュ、かぼちゃ、メロン、バターナッツかぼちゃ、ハバネロ、唐辛子3種、九条ネギ、下仁田ネギ、大葉(芽が出ず失敗)、いちご4種、ブロッコリ

ああ、もっと植えたかったけど、もう畑がいっぱいだ。
甥っ子(7歳)と姪っ子(4歳)がいつも遊びにきて手伝ってくれるので
「つくしの王様」こと憎き「杉菜」を抜いてもらう。

とりあえず、この夏野菜は実験台。
まずは、この土地と1年間向き合ってみてからだ。

今回の注目株は「バターナッツかぼちゃ」。
かぼちゃで、しかも「バターナッツ」なんですよ奥さん!
TVで見てから気になってたので、種をおとりよせ。
受粉後30日で実になるらしいので、期待大。

近所では畑をしたがるヨメは珍しいようで
(畑はあたりまえにあるものなのであえてやりたがらないらしい)
自分の母と同年代の近所のおばちゃん達が、
変わり者のでかいヨメに気さくに話しかけてくれる。
ああ、古き良き日本!

無心でただ草をむしったりしていると、
ベトナム料理屋バイトで海老の皮剥きをエンドレスでやるのと同じくらい
単純作業に、ものすごく癒される。

最近ブームなのか、
都会人のきまぐれ「おしゃれ畑(勝手に命名)」が雑誌にのってたりするが、
ほんと、畑って地味に大変だ。
近所のおばちゃん(師匠)たちは本当によく手入れをしていて感心してしまう。

もしうまく育ったら友人に声をかけて
「BBQ&芋掘りの会」でもやろうと企画中。
参加希望者の方はご連絡を。
(※うまく育った場合ですが)





¥ 840
コメント:1歳2ヶ月の娘が「森のどうぶつたちがホットケーキをたべているページ」を見ると、「まんま」「まんま」と言って笑います。よくみると、本当に細部まで丁寧に描かれていて横長のフォーマットは1枚の絵画として壁に飾りたいくらい。名作。

at 00:39, 女ブコウスキ, 畑部

comments(2), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 00:39, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment
女ブコウスキ, 2011/05/22 11:11 PM

でも、畑の先生達は苗のセレクトが保守的なので変わったカタカナ野菜はあんまり育てないのが残念!しかし、ホント草と虫が尋常じゃなくて........水場も遠く枯れるし... 屋上菜園がうらやましいっす。

chica, 2011/05/22 4:03 AM

自分の母と同年代の近所のおばちゃん達

畑の先生だね。いいな、何でも教えてもらえるね。
ハバネロ赤とオレンジを我が家でも植えました。
売ってないモノは自分で作るしかないからね!










trackback
url:トラックバック機能は終了しました。