smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
sponsored links
        
profile
bookstop
ヘルスプラネット
new entries
categories
archives
recent comment
others
search this site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

242日:ペーパーナイフソファ前夜


引越しして、家具等は何も買い換えなかったのだが、
ついに!
お仕事でお世話になっている
北欧家具の「re-kagu(リカグ)」さんで
念願のソファとネストテーブルを購入。
先日、リカグの倉庫におじゃましてから届くのを楽しみにしてました。

さきほど、届けていただきました。
遠いところ、ありがとうございました!

Kai Kristiansen(カイ・クリスチャンセン)デザインの
通称「ペーパーナイフソファ」。
最近は宮崎椅子製作所から復刻版もでているようですが、
北欧から30〜40年ぐらいの時を経て、船に乗って我が家へやってきたヴィンテージです。
このソファはどんな椅子人生を送ってきたのだろうと思いをめぐらせるのも
ヴィンテージの良さ。
フレームがスッキリしているので、狭い空間でも重くなく
とても軽いので動かすもとても楽ちん。
復刻で人気なのも納得です。
状態が良かったので、ソファのファブリックもそのままで譲っていただきました。
(子供が小さいうちは、どうせ汚れるので....)
何年かして、子供がチョコとか牛乳とかこぼさなくなったら
リカグさんにお願いして、イカしたファブリックに
張替えをお願いしようと思います。
それまでに子供が暴れてチークのフレームが折れないか心配。。

テーブルは小さめのDANSK製のトレイのような形のネストテーブル。
最近、自分の中で60〜70年代のDANSK&Jens H.Quistgaardがブームだったので
きっとこれは運命の出逢い。
マンションの狭いリビングでも場所を取らないので、
気に入ってます。
トレイ好きにはたまりません!

北欧家具の「re-kagu(リカグ)」さんですが、
12月4日、5日 ウェアハウスストア「倉庫開放イベント」が開催されます。
新栄のお店だけでは見られない、広い倉庫の中に家具がぎっしり。
宝探し気分でワクワクしますよ。
刈谷という距離感も、名古屋から休日にドライブするには最適。
北欧好きな方、是非どうぞ。

デフレで量販の安い家具が溢れる中、
決して安い買い物ではないものの
大事に長く使いたいと思える家具にであえるのは幸せ。
メンテナンスもお願いできるので安心です。
孫の代まで大事にしたいと思います(笑)
ああ、あの椅子も欲しいなあ。。。

早速、ずりばいでソファの下に........
生えてきた歯1本でソファの脚を囓ろうと狙う娘。危険。



¥ 1,680
コメント:フィンランドに行ったとき、デザインや素材感がとても日本人的だなあ〜と思ったのだが、北欧ものは日本に似合う。とても似合う。

at 12:53, 女ブコウスキ, インテリアのこと

comments(0), trackbacks(0), pookmark

207日:床暖とミニストップのフローズンヨーグルト

引っ越してはじめて、床暖をつけてみた。
ああ、ぬくいわ〜。
ええわぁ。

今回のマンションはプロパンガスなので
(おかげでガスの火力も強い気が....)
建設の際、「リビングに床暖ほしいわ〜」とわがままを言ったら
ガス業者がサービスで「床暖房」をつけてくれたのだ。
(プロパンガスって顧客獲得競争があるらしい)

人生初の「床暖」
足元から冷えてしまう冷え性女子にはたまらない。
しかも、ストーブなどは危ないし、はいずり盛りの赤ちゃんにはうってつけ。

旦那は長期出張、ぬくぬく床暖とミニストップのフローズンヨーグルトと秋の夜長。
アマゾンさんや楽天さんが、近くで売ってない本や食材を届けてくれるし、
海外オークションで宝探しできるし。
プチ田舎ぐらしに不便なし。

今度は近所にミニストップがあるので、
フローズンヨーグルトを冷凍庫に必ずストックしているのだ。
ミニストップのフローズンヨーグルトって昔からあるけど、
よく見ると「発酵乳」。
ということは、
「乳酸菌が生きている」=「ハーゲンダッツよりは罪が軽そう」
という解釈で毎週大人買いしてストックしている。

秋の夜長、一人(+赤子)でぼーっと読書しながら床暖でフローズン。
たまらんばい。




¥ 420
コメント:今、これ読んでます。わかるわかる。

¥ 998
コメント:整体の先生が、ダイエットにはとにかく「発酵食品だ!」とくり返し言うので買ってみた。効果やいかに。

¥ 1,890
コメント:「男子ごはん」毎週かかさずにHDに録画している。この2人の組み合わせをキャスティングした人は天才。観ているとなんか元気と食欲がでます。ケンタロウってなんか母が「小林カツ代」ってだけでズルいよなぁ。カツ代って名前に「カツ」入ってる感じもずるいよなぁ。

at 16:24, 女ブコウスキ, インテリアのこと

comments(0), trackbacks(0), pookmark

139日:オールフリーとトイレ論争

 娘さん、いきなり半回転の寝返りができるようになりました。
でも、まだうつ伏せから戻れず.....

お盆は連日おでかけ。
どこに行っても、誰に抱かれても、子供にどつかれても、
ニコニコ笑って、全く泣きません(笑)
昨日など、新居のトイレの壁紙と床材を決めるのに旦那と論争に。
汚れが目立つように白いピカピカ床派の旦那と、
白以外の床の方が便器の白色が引き立つと主張する私。
お互い頑固なので全く決まらず。
服とかと違って、やり直しができないから家って難しいなあ。

一晩寝ると、風水的にトイレに黒い床はよくないと見れば心も揺れる。
ああ、一番難しいなぁ。トイレ。

完全母乳で育てているので、この1年半は断酒してきたのだが
こうも暑いと昼間のビールが恋しい。
そこで、ニュースにもなっていたノンアルコールビールの「オールフリー」。
これ、好き。
炭酸の強さも、後味も好き。
母乳育児の味方。

甘い炭酸を飲むよりは、麦関連は母乳の出によいだろうと勝手に解釈。
カロリーゼロだし。
まあ、添加物はあるけど。
売り切れる前に買いだめしておこう。

それにしても早いものでお盆も終了。
あと1か月半で引っ越しだ。

at 15:39, 女ブコウスキ, インテリアのこと

comments(0), trackbacks(0), pookmark

砂の女と魚肉ソーセージ

新しい家づくりの参考に
カメラマンさんとフードコーディネーターさんという
ステキなご夫婦のお宅にお邪魔させてもらった。
(絵になる組み合わせです)

日当りのよい空間と、おいしいお茶に
ソファーに当たる日差しの角度が夕日に変わるのを横目に
ついついしゃべり過ぎてしまった。
ありがとうございました!

気分は完全に「渡辺篤史の建もの探訪」。
ショールームのような血の通わないインテリアじゃなくて
丁寧に選ばれたモノと、人となりと、暮らしのバランスが調和して
生きている空間を感じられるから楽しい。
渡辺篤史うらやましい。
この人、自分の自宅はどうなんだろう?
ちょっと気になる。

関係ないが、
「夫婦」
ということを考えると
なぜだかわからないが
安部公房「砂の女」が頭に浮かぶ。
なだれ込んでくる砂を
一緒に、一心不乱に掻きだしながら暮らすイメージ。

ああ、久しぶりに読んでみよう。
結婚した今、新たな読後感が味わえるかも。

at 23:54, 女ブコウスキ, インテリアのこと

comments(0), trackbacks(0), pookmark

生活者のデザイン

ひょんな縁で、お店の立ち上げでお手伝いさせていただいた
「re-kagu」リカグ名古屋さん。

http://www.re-kagu.com/

そのオープニング記念として土曜日にセミナーが開催されました。
講師は、北欧家具の第一人者でもある島崎信先生。
いつも思うのですが、魅力のある人というのは
好奇心旺盛でとても柔軟。フットワークが軽い!
1時間のお話はあっという間で、大変感銘を受けた。
家具や空間のデザインと、平面のデザインという分野は違うが
同じモノをうみだす側の人間として、忘れてはいけないことを
改めて再確認した。

誰のためのデザインなのか
そして、何のためのデザインなのか

デザインを職業にしていると、
ずいぶんと傲慢なデザインになってしまいがちだが
アーティストでなく職業である以上
自分の生み出したモノがどうやって影響し、消費されていくのかを見極めたい。
哀しいかな、わたしの場合、紙やWEBといった、消費サイクルが早く
受け取る側にとってはゴミになってしまう媒体。
だからこそ、限られている資源の中で無駄なモノをつくらないように
考え直さないといけない。
大きく言えば、紙のデザイナーとしてだけでなく
デザインでどうやって良い世界にしていくのかを
考えていかないと
死ぬまでずっとデザイナーでありつづけるのは難しい。
なんて、そんなことを思ったり。

でも、人生は毎日が忙しくて
まだ子供を産むかもしれないし、
おばちゃんになって、時代の空気が読めなくなって
仕事もなくなってしまうかもしれない(切実)
それでもずっと、死の直前まで
コツコツとひょうひょうと
デザインの世界でもがいて模索していたい。

いいセミナーだったなあ。



at 16:00, 女ブコウスキ, インテリアのこと

comments(0), trackbacks(0), pookmark