smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
sponsored links
        
profile
bookstop
ヘルスプラネット
new entries
categories
archives
recent comment
others
search this site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

222日:働くフリーランスデザイナー母ちゃんの会

打ち合わせから、2日で締切のプレゼンカンプの仕事を引き受けた。

産後、最大のハードな案件。
病み上がりの病人が、フルマラソンを走るような感じ。
しまった!断ればよかったかも......と
徹夜明けに授乳しながら反省する。

デザイナーなら経験するであろう、
〆切前の超ヤバイあの感じ。
芸大時代の作品〆切前夜のあの感じ。
時計の針が、一気に早くなったかのような
ギギギギギギー!
と奥歯を噛みしめるような
トイレも行かず、ごはんも食べず、
服も着替えず、化粧もぜず、
macの前から一歩も動かないあの感じ。
デザインの神様に見放され
保存してないのにイラレが落ち、
ノーアイデアで
自分の能力のなさと、
時間のなさに、
泣きたくなる
あの感じ。
デザインなんて
嫌いだ嫌いだ嫌いだー!!!!!
と連呼しながら
そもそも、
デザインって一体なんなんだ?
とか今更、
自問自答しちゃうような
ぐるぐるする
あの感じ。

久々に、思い出しました。
(私だけかなあ........)

しかも、その上、

足元をはい回り、満面の笑みで「遊べ」と訴え、いたずらし、
乳をくれと叫び、離乳食を作り食べさせ、ウンチをする
ちいさい人が参戦!

幸い、理解のあるクライアントさんばかりだが、
やっぱり、
母となった今、
働き方を今一度、考えるべきだと痛感。
誰かを犠牲にするような働き方はよくない。

「働くフリーランスデザイナー母ちゃんの会」とかあれば
是非、参加したい。
モリサワパスポート毎年更新は主婦には高すぎる!とか
背中に子供をおんぶしてmacで仕事する方法とか
話し合いたい。



¥ 11,625
コメント:コレ買いました。サイフォン、ドリップ、フラスコみたいなの等々、コーヒーを淹れるグッズが異様に多い我が家ですが、言うほどそんなにコーヒーにはうるさくないです。でも、このデロンギ、ポッドで淹れるエスプレッソはずぼらな私にぴったりでした。カプチーノは特訓中。

¥ 2,520
コメント:デロンギのエスプレッソメーカーと同時購入。 レモンを入れたエスプレッソ(ロマーノ)とか、アレンジドリンクもたくさん載っていて実験気分で試したくなる。入門書として良書。 この表紙のやつ、マスターするぜ。

¥ 1,995
コメント:実家の父が何故かこの番組にはまっている。コンパニオンプランツの本を探していたので、何となく購入。ハーブを多量に発芽中なので参考に。 スカスカのオシャレ本が多い中、デザインが若干マダム過ぎるが、結構情報量が多いので、コストパフォーマンスもよい良書。

at 00:05, 女ブコウスキ, お料理実験ラボ

comments(13), trackbacks(0), pookmark

28日:来月の今日。アバンギャルド。

カマンベールパン
手作りヨーグルトりんご酵母のカマンベールチーズ入りパン。

カマンベールパン
やっと理想に近い天然酵母パンが焼けるようになった。しめしめ。

カマンベールパン

いやはや、ついに来月の今日は予定日。
骨盤がゆるんできて、身体がガタガタしてきた。

産後ダイエット計画に基づき、完全母乳育児を目指すので、
しばらく美容院も行けまいと髪を切りに行く。
ずっと、バナナマン日村マッシュがマイブームだったのだが
飽きたので、「ばっさりお願いします」とおまかせで切ってもらったら
左側はベリーショート、右側はやや長めのショートという
アンシメントリーで内田也哉子的アバンギャルドなベリーショートに。
前髪なんて短い部分で2cmぐらい。
旦那より短いぜ。

私のキャラクターも髪質も、お手入れ無精な気質もわかってくれて
いつもながら、気分をあげてくれる斬新なスタイルを提案してくれる。
さすがはプロ。なんか、足が速そうな髪型に。
世間体と男子モテを完全に捨ててしまえば、女子の髪型の自由度は無限大なのだ。

内田也哉子さんと言えば、同じ歳。
しかも、この4月に10年ぶりに3人目を出産予定とのこと。
なんか、今年は30代女子にとって空前の出産ブームなのではないかと感じる。
ecocoloは今一番、気分な雑誌なのだが販売店が意外と少ないのが残念。

関係ないが、今月号のecocoloでしまおまほとしりあがり寿氏が対談していて

しまお:〜
寿:〜

という記述の「寿」が、
どうしても「」に見えてしまって

何回よんでも、
おかしくて仕方なくなってしまい、
ひとりでベットで転げ回って、
100cmの腹を抱えて、くり返し爆笑。

ああ、こんなバカな自分が大好きだ。
と改めて思う。

そして、その繊細さゆえに、
心の調和を乱して苦しんでいる
遠くの友人が
早く涙を流さなくていい日が来るといいなと
雲ひとつない青空に想う。


at 14:52, 女ブコウスキ, お料理実験ラボ

comments(0), trackbacks(0), pookmark