smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
sponsored links
        
profile
bookstop
ヘルスプラネット
new entries
categories
archives
recent comment
others
search this site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

100円の大きすぎる差

今週はものすごく忙しく、
ランチは食べないか、
もしくは温かくてお皿に載った食べ物を摂りたい。

打ち合わせの帰りなどがお昼にかかるときは
飲食店のデザインもやっているだけに、調査も兼ねて
できるだけ知らない店に入るようにしている。

ついつい、
「コンセプトがばらついてるし、居抜き物件っぽいな〜」とか
料理のタイミングとか、
盛りつけ、グラス、お皿のセレクト、什器、食材の工夫とか、匂い、
店員の人数、服装、客層、メニューのデザイン、ロゴまで
細かくチェックしてしまう。
職業病である。

名古屋のこの東区周辺では、
ランチは大体¥750〜¥850が相場のようで、
珈琲をつけて¥1000前後。

しかし、¥850〜¥950のレベルのランチで
ボリューム、内容が薄いとものすごくガッカリしてしまうのだ。
何故か、¥750だとそんなに気にならない。
たった100円の差なのに。

ランチで¥1500ぐらいのスペシャル感のあるものだと
全く高いとは思わないのに。
人間の心理って不思議だ。

分析してみたところ、
ランチは雰囲気というより「コストパフォーマンス感」が命のようだ

ランチは時間的になかなか余裕がない。
故に、モーニング文化が根付いたここ名古屋では
「お洒落風だが、なんだか普通」はピンとこない。
かえって、コテコテの名古屋風喫茶店がやっている
¥650〜750のガテン系ランチの方がレベルが高い。
ランチは採算が合わない上に、サービス感がないとウケないという
飲食店にとって難しい選択であるとつくづく思う。
夜営業のための伏線として赤字覚悟でやるしかないのだ。
低コストだからこそ、新規のお客さんのテイスティングの場ともなり
ランチで手を抜くと夜の営業にも響く。

おいしくて、居心地がよくて、いつも新鮮な驚きがあって
がんばっている飲食店は気持ちが良い。
だから、応援したくなる。

この食いしんぼう気質を生かす仕事につけばよかったと
つくづく残念に思う今日この頃。

そうそう、デザインでも関わらせていただいているLAO PASAさん。
ただいま、抽選で毎週1名様に当たる!
シンガポール旅行が当たるキャンペーン中です!


別に友人だから特別視しているわけでないが、
ラオパサの「海南鶏飯ランチ」とか¥850でも、ものすごくお得感がある。
繊細だし、日替わり副菜にも毎回ワクワクする。
ワクワク感って大事なのかも。

デザインで、もっと飲食業界を盛り上げたい。
そして、いくら食べても
太らない身体が欲しい.........................

at 13:10, 女ブコウスキ, マクロビ生活

comments(0), trackbacks(0), pookmark

食材ラバー

 局地的な凝り性なので、なんでも
一度凝り出すととことん止まらないのが悩みである。

今、確実にはまっているのは「マクロビ」と「」と「STAUB(鍋)」。
食材では種子島の「安納芋」と「梅酢」「変わった部位の肉塊」。

安納芋」は、家の石窯オーブンの「焼き芋」設定で焼くと
信じられないことに
焼くと蜜が中からあふれ出るのだ。
スーパーで買い占める勢い。
ほんとに旨い。

は現在「ルームシューズ」を作りまくっている。

変わった部位の肉塊」も見つけるとすぐに買ってしまう。
「スペアリブ」「ラムチョップ」「軟骨」「テール」「豚足」
今回は近所のスーパーの「牛テール¥980」が忘れられず
圧力鍋でテールスープに。うまい!

STAUB(鍋)はお米も8合炊けちゃうし、
家にあるのは29cmのラウンド型だが、デザインも無骨で好きだ。

しかも、最近「料理王国」」の連載を見て
絶対!この人は食いしん坊に違いない!
ずっといいな〜
こういう仕事したいな〜と
憧れていたピエトロこと
文筆家&イラストレーター「菊池 仁志」さん。

どうやらダッチオーブン協会の会長さんらしく、
ますます、気になる。
素敵すぎる。
是非、お会いしてみたい。

結果が目に見えにくいデザインの仕事とは反対側の
身体を使った表現だったり、
使うものだったり、食べるものだったり、
ダイレクトに結果が目に見えて見える手仕事が楽しい。

好きなことを仕事にするのは難しいけど
お金になるならないは度外視して
もっともっと好きなことだけをすることに決めた。

春からは新しいことを始める。









at 17:31, 女ブコウスキ, マクロビ生活

comments(0), trackbacks(0), pookmark

マクロビ父的ダイエット

できるだけ肉、卵、乳製品、白砂糖が入った食べ物を禁じて一週間。

なんとなく、お腹の肉質が変化したような
していないような。
体重は変化無し。

よくよく考えれば、
うちの父親は「肉、乳製品」は一切食べない。
ベジタリアンとかじゃなく、小さいときに肉屋の前を通って残酷な姿を見て.........みたいな理由により食べられなくなったらしい。

そんなうちのパパは、30年体型が変わらない。
年よりぐんと若い。
しかも、病気もしない。病院もいかない。
だから、焼肉屋や、ハンバーグ専門店、ステーキ屋なんてものは
大人になるまで行った記憶がない。

考えてみると、実家にいた時期はこんなに太ることはなかった。
全般的に、肉料理が少なかったからかも。

そんな訳で、マクロビ関係の本をどんどん購入してみるが
読めば、読むほど
涙が出そう。

生クリームは「豆腐クリーム」に...........
メレンゲの代わりに長いも。

そのショートケーキを模した、
うす茶色い、ざらっとしたマクロビケーキを見ていたら
バター&生クリーム大好き!
ヘルシースイーツなんて本物の菓子じゃねえ!と
豪語していた私には見ているだけで涙でそう。

一度、知ってしまったデブ嗜好品の幸せな記憶は消せないのだ。

でも、いろいろ調べていると
卵、小麦、牛乳などいろんなアレルギーに苦しむ子供のために、なんとかケーキをたべせさせてあげたくて作っているお母さんが多くて、さらに切なくなる。
自分の子供には、健康でいて欲しいけどやっぱり「発酵バターたっぷりのお菓子」とか「生クリームたっぷりのケーキ」と普通に楽しんで欲しいよ。

まあ、なんと言ってもつくって食べてみないとわからないので
まずは作ってみることとする。

中嶋デコさんの本は、3冊目。
デザインの良さと、マクロビの悲愴感がなくお洒落。
(でも、まだデブ食から解脱できない私にはなかなか実践できず..........)
ナゴヤキャッスルの大高氏の本は、実用書として良さそう。

つくったら、またレポートします。
体質改善して
骨太な肉食獣のようなキャラが、
ロハス系の線の細い草食動物のようになれるといいな。



無理か............

at 18:54, 女ブコウスキ, マクロビ生活

comments(0), trackbacks(0), pookmark

ここにマクロビ宣言する。

ホルモンバランスの崩れがついに深刻化。
こんなに元気いっぱいなのに.............
このままでは、近いうちに不妊だけでは済まず
病気になる(もうなってる??)確率100%

これも、それも10年で15キロ増のせいだ。
絶対、フリーランスの不規則な生活&肥満&ストレス&睡眠不足が原因に間違いない。

お医者さんが相当ヤバイトーンの声だったので
ここにマクロビ生活10条を宣言する。

1.基本、週休3日は確保。朝9時〜夕方6時勤務
2.なるべく時間内に仕事を終わらせる
3.動物性脂肪、乳製品はなるべく取らない(うう、これが一番つらいよ〜)
4.夜は日にちが変わる前に寝る
5.移動は自転車で、夜はコアリズムで、造顔マッサージで
6.マクロビ食・もしくは和食を基本にする
7.環境ホルモン対策としてコンビニのものは食べない
8.一日1500kcalに抑える
9.バイキングに行かない(笑)レインボーのやきそばを食べない。
10.水分を1日2リットル

とりあえず、これをまず1ヶ月挑戦することにする。
さて、体質改善なるか。

at 13:15, 女ブコウスキ, マクロビ生活

comments(0), trackbacks(0), pookmark