smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
sponsored links
        
profile
bookstop
ヘルスプラネット
new entries
categories
archives
recent comment
others
search this site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

口にだして言ってみる。

たねや 
この初夏、法事で旦那のお母様から頂き、
衝撃的にハマってしまった
たねやさん(クラブハリエのバームクーヘンで有名ですね)の
寒天美人の「トマト」

1つ420円という庶民にはセレブなゼリーだが
岡山産のフルティカトマトというトマトがまるごと1つ入っている。
トマトのゼリーという意外性だけでない
初夏をイメージするような、どこまでもどこまでも爽やかで上品。
グランマニエなど柑橘系のリキュールが香るユル系のゼリー。

あまりに気にいってしまい、すごく美味しかった旨を伝えたところ
母の日の贈り物のお礼にと
わざわざもう一度頂いた。
口に出して言ってみるものである。
言霊!

買えるだけ買い占めたいが、、、季節限定商品なので
原材料表示を元に、自作をしてみようとグランマニエも購入済。

最近、靴づくりを通してつくづく想うことがある。

この10年以上、いつも誰かのためにペンタブレットを握りしめモニターと対峙しながらデザインをしてきたが、いつもどこかで満たされることはなかった。
かといって、アートディレクターとして大きなものを動かすには視野が狭すぎる。
アーティストになるには神経が図太すぎる。
クリエーターというのも気恥ずかしい。
お金に執着がなく、商売が下手すぎる。
社交性があるようでなく、華やかな人間関係が苦手なので大きな組織も難しい。

でも最近、自分の手を使って、身体全体を使って、
自分ひとりきりで対象と向き合って
モノをつくる」「つくったモノが機能する」という、
プリミティブな行為に喜びを感じている。

靴なら、デザインし、型紙をおこし、刃物を研ぎ、皮を漉き、ミシンをかけ、組み立てていき、完成した靴を履くことができる喜び。
料理なら、素材を吟味し、調理して食べることができる喜び。

具体的には、2年以内に
靴工房とデザイン事務所が一緒になったアトリエを構え、
靴とグラフィックを往き来するような仕事のスタイルを確立する

と言霊を信じて宣言してみる。
時間が足りないをいいわけにしない。

福田里香さんの「かき氷の本」を注文。
今年の夏は暑くなりそうだ。


at 00:04, 女ブコウスキ, 甘味研究家

comments(0), trackbacks(0), pookmark

寝ても覚めてもガリガリ君!

 朝起きると、旦那がニヤニヤ。

聞いてみると、私が寝言を言っていたらしい。

しかもその言葉は「アカギ」。

聞き取れなかった旦那が、「え?何って言った?」と寝言に返すと

「むにゃむにゃ。。アカギだよ」

とハッキリ言ったらしい。

そう言われて、思い返してみると
私は夢の中で見たことのない味のガリガリ君を食べている旦那に
「それ、アカギだよ」と説明していたような気がする。

アカギとは「赤城乳業」。
アイスクリームの「ガリガリ君」のメーカー名である。

アイスクリームが大好きで
特に100円アイスの中でハイレベルなアイスを探しだすマニアな私。
新作アイスはいつもチェックしている。

まさか、眠っていても
食べ物のことを考えているなんて..................
どこまで果てしない食いしん坊なんだ。

ああ、大人なのに夢が小学生レベル!
とほ〜









at 18:38, 女ブコウスキ, 甘味研究家

comments(0), trackbacks(0), pookmark

真夜中のひそやかな愉しみ

 

ついにスーパーに1パック200円切りの
ジャム用の小粒いちごが出始めた。

「ああ、今年もいちごのシーズンも終わりだなぁ」と
スーパーで大量にがごに入れながら思う。
ジャム、煮なきゃ

去年は、いろんなジャムに挑戦したが
やっぱり、ジャムの王様は「いちごジャム」につきる。
自分で煮たジャムは本当においしい。
おいしいのだ。
ポンヌママンもびっくりなのだ(買うより安いし)。


なんだか花粉で体調が悪く、スーパーから帰ると
寝込んでしまった。
目が覚めると真夜中。
台所のテーブルのいちごと目が合う。

ジャム、煮なきゃ」と腹の底から衝動がわき上がる。
いちごを洗い、無心にへたを取り、
真っ黒なstaubのオーバル鍋にどんどん放り込む。

夜の闇のようなstaubの「黒」、苺の「深紅」。
はっとするような鮮やかさに思わずシャッターを切る。
世界って美しいなぁと思う瞬間。

やっぱりジャムは真夜中が似合う。
砂糖をまぶして1晩置いたら
煮る前のお楽しみ
明日の朝はフレッシュな苺シロップ。

どんなに疲れていても、
ジャムを煮ると魂が解放される。
好きなんだぁ。
好きなんだなぁ。

コンフィチュールとか洒落たものではなく
私の場合、あくまでも「ジャム」。
小さい頃、喫茶店のモーニングに行くと必ずあった
あんことジャムの瓶。
トーストのカリカリに、ジャーっと塗るジャム。
焼かない食パンにマーガリンと一緒にしっとり挟むジャム。
ああ、
好きなんだぁ。
好きなんだなぁ。






at 01:57, 女ブコウスキ, 甘味研究家

comments(0), trackbacks(0), pookmark

ギモーブとスフレの儚

 割と近所に、割とおしゃれめな
スフレを食べさせてくれる隠れ家的ケーキ屋を発見。

きいちごのスフレ¥850は
涙がでるほどコストパフォーマンス悪いが
手間を考えたらしかたない。

よくよく考えたら
このフランス菓子フリークな私だが
本格的な「スフレ」を食べたことがなかったのだ。

感想は、予想通りの「はかなさ」。
仕事が忙しければ忙しいほど
今すぐ自分でつくってみたくてしかたない。
これは、シフォンケーキつくりに継いで
はまりそうな予感。

最近買った、もうひとつはまっている「STAUB」の鍋のレシピ本
「ストウブ」で作るフレンチの基本」にも
レシピがあったから試してみよう。

仕事が辛い時ほど
甘いモノはじわ〜っと手足の先までしみわたる。

at 14:48, 女ブコウスキ, 甘味研究家

comments(0), trackbacks(0), pookmark

白バラさん

 以前お仕事でもちらっと関わらせていただいた
LACHIC地下の「KITANO ACE」さん。

レシピ本や、パティスリーなどのグラフィックデザインもしてることもあり、
自称「甘いもの研究家(ただの肥満)」としては
パッケージを含め、その佇まいだけでビビッとくるお菓子がある。

ロールケーキといえば、
名古屋では現在「堂島ロール」が大人気だが
それに劣らないプチプライスのロールケーキを
「KITANO ACE」さんで発見。
白バラロール
白バラの「白バラホイップロールケーキ

パッケージの絶妙なゆる感、
¥129というコストパフォーマンスの良さもぐっとくる。
全体的に、堂島ロール系列の生クリーム重視のシュワっと軽い系。

コストパフォーマンスの悪い、見た目重視の
デパ地下系のブランドスイーツや、フランスの有名店
カリスマパティシエのケーキも好きだが
庶民派としては、コンビニスイーツの価格帯の商品も
意外とあなどれない。

ロールケーキって
シンプルであるからこそ、ストイックな世界で
センスがでるんです。

とにかく、無類の乳製品好きなので
オハヨー乳業の製品にはいつも一目置いていたが

大山乳業農業協同組合!
今後是非、大注目したい。

サイト見ていても、もっとステキにできるのに惜しいな〜
嗚呼、こういう地元愛あふれる
愛のある企業のデザインやりたいな。

「白バラ」ってロゴも響きもノスタルジックでぐっとくる。

鳥取。
砂丘で友達の猫が脱水症状になった鳥取。
懐かしい。

鳥取県民は給食も「白バラ」なのかな?






at 15:39, 女ブコウスキ, 甘味研究家

comments(2), trackbacks(0), pookmark